難聴 原因

耳鳴りは軽度でも要注意!

 

実際には音もしないのに何か音がするような気がすることってありませんか?
聞こえ方や程度はその人によって違いますが、症状が悪化すれば仕事や家事などの日常生活に支障をきたしてきます(-_-;)
ここ最近耳鳴りや難聴で悩む人が増えてきたそうです。これも高齢化やストレス社会を反映しているのかもしれませんね。

 

耳鳴り・難聴の原因は耳の病気や脳の障害、自律神経の乱れなど考えられてますが、原因不明の耳鳴りも少なくないようですよ。
そんな辛い耳鳴りや難聴の症状を取り除いて支障のない快適な生活を送るにはどうしたらいいのか…
当サイトでは治療方法や症状との上手なつきあいかたを考えてみるために参考にしてください(^^)


難聴の原因を把握する。

最近(特に寒くなると)耳鳴りや難聴・めまいに苦しんでいるが多いように思えます。
私の周りでも確かに多いです、中高年は更に多いです。

 

ちょっと休めば収まるなんて放置している人もいますが、放置すれば症状が悪化するだけでなく会話や睡眠障害など生活に支障をきたします。

 

脳の衰えが加速するなんて事も言われているので早めの対策が必要ですよね。

 

まずは難聴になる原因を把握していないと、治したくても改善方法も見つかりませんよね。

 

初めての方はこちらから

 

 

聴力チェックって?

日常的に聴力チェックを行っている人は少ないと思います。

 

最近、様々な携帯機器で音楽を楽しむことができるようになりました。
歩いている人や電車の中で、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聞いている人をよく目にしますね。

 

インターネットを利用して音楽を簡単にダウンロードできるようになり、音楽がますます身近に感じられるようになりました。
それはとても喜ばしいことです。

 

しかし、携帯機器で音楽を聞くとき、一般的にヘッドホンやイヤホンを使いますね。

 

そのとき、音楽のボリュームは大きすぎないでしょうか。

 

電車の中など公共の場において大音量で音楽を聞くのは、もちろんマナー違反です。

 

しかし、それ以上に大きな音を出してヘッドホンやイヤホンで音楽を聞くことは耳の健康の面から見ても良くないことです。

 

ヘッドホンやイヤホンは耳の鼓膜の近距離でかなり大きな音を発し続けます。
初めは小さな音でも、音の大きさになれてしまったり、音楽に熱中したりしてしまうとボリュームはだんだんと大きくなってしまいます。

 

それを

1日中聞き続けていたら、聴力は確実に悪化してしまいます。

 

耳の聞こえが悪いことはなかなか気づきにくいです。

 

普段聴力チェックをする機会もなく、また他人と比べることも難しいからです。

 

耳鼻科の診断で聴力チェックをすることはできます。
耳鼻科で詳しく聴力をチェックしてもらえば、自分の耳の健康状態を調べることができますね。

 

しかし、なかなか耳鼻科にかかる時間がない人もいるでしょう。
そういう人はインターネットにあるフリーソフトや、スマートフォンのアプリなどにある簡易的な聴力チェックゲームをすることをおすすめします。

 

耳鼻科ほど専門的ではなく、参考程度のデータにしかなりませんが、「もしかして耳が聞こえにくくなっているかもしれない」と思い始めた人は試してみるといいでしょう。

 

音楽を聞く習慣がない人でも、年とともに聴力は落ちていきます。
また、最近ストレスで耳が聞こえにくくなってしまう難聴も目立ってきています。

 

「聞こえにくい」と感じたら、まずは耳鼻科の先生に相談してみてください。
それでも治らないというのであれば下記のトレーニングがおすすめです。

難聴・耳鳴りを自宅で改善する方法

難聴や耳鳴りは病院に行けば治ると思い込んでいませんか?私もそうでした。
いろいろな病院、整体院に通院しましたが、一向に治りませんでした。
腫瘍などが原因で耳鳴りがするのであれば治るかもしれませんが、それは極稀ということです。
あなたの耳鳴りや難聴はストレスや睡眠障害が原因かもしれませんよ。そうだとしたら病院に行っても治らないと思います。
参考までに下に自宅でできる耳鳴り改善方法を紹介しておきますね。

サカモト式耳鳴り改善法
サカモト式耳鳴り改善法 私はこの日本姿勢保険均整師会会長・坂本元一先生の方法で長年の耳鳴りを改善することができましたよ。

今までのあの病院通院での治療は何だったんでしょうってくらいにあっさりと治しました。。治療費を返して欲しいくらいです(泣)
坂本先生が教えてくれる方法を毎日こなすだけでだんだんと症状が軽くなってくる感じですね。
でも体に何かしらの負担をかけるわけでもなく、1日3分程度のある方法です(言いたいんですが営業妨害になるので止めときます)
耳鳴りの原因にはストレスタイプと睡眠障害タイプがあるそうです。それによって治療法も変わってくるそうです。あなたはどのタイプでしょうか?
まずは詳細を見てもらえれば納得すると思います。

 

今野式難聴改善エクササイズ
今野式難聴改善エクササイズ 今野清志先生もやはり病院にかよっても難聴が治らないのであれば、自宅でトレーニングすれば改善するとハッキリと言っていますね。

こんな先生は公式サイトの中で伝音性難聴・感音性難聴・機能性難聴(心因性)の中で伝音性難聴は、耳垢の詰りや鼓膜の穿孔・中耳炎・滲出性中耳炎・耳管狭窄症・耳硬化症などが主な症状ですが、滲出性中耳炎などは、薬物治療の他にこの難聴改善エクササイズが有効です。
と述べていますね。
難聴の原因は血流障害と内臓疾患が大半を占めると言っています。
このへんのことを文字のテキストではなくDVDで説明されているので理解しやすいと思います。

 

サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術
サトウ式めまい改善術 耳鳴り難聴治療室院長・佐藤信雄先生のマニュアルになります。

サトウ先生は40年間耳に関する治療をしてきた実績があります。
だからサトウ先生のところには突発性難聴やメニエール病の症状で病院に通っても治らなかった患者さんが最後に訪れる人が多いようですよ。
テキスト96ページに渡って自宅でできる改善トレーニングを説明しています。

 


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術